FC2ブログ
 びわの葉のお茶。
2011年04月06日 (水) | 編集 |

110406-01.jpg
乾燥させたびわの葉でお茶を作ってみました。
まだ青いびわの実と同じような香りと味でほんのりと甘みがあります。
あまりクセもなくてとても飲みやすかったです。


110406-02.jpg
味も気に入ったし健康にも良いようなので先週に実家へ行った時にまたもらってきました。
結構な枚数の葉が必要になるのでわんさかと採集♪
さすがに大量の葉をタワシでごしごし洗うのはしんどかったです



<作り方>
薬局などでティーパックになったものを使うと簡単です。
…と言うとミもフタもないので、生の葉を使った作り方をご紹介します。

必要なもの:びわの葉(若い葉よりも古い葉の方が良いそうです)

1 びわの葉の裏には細かい毛があるのでタワシでこすって洗い落とす。
  表にも汚れが付いているので一緒にゴシゴシと。

2 洗った葉を日陰でパリパリになるまで乾燥させる。
  私は洗濯ネットに入れて物干し竿に吊るして干しています。

3 ヤカンや鍋に半分くらいの水を入れる。
  そこへ乾燥した葉を細かくカットしたものを入れ、水から煮出す。
  葉の量は2~3枚くらいですが、好みの濃さになるよう増減して下さい。

4 煮立ってきたら火を弱めてしばらく煮る。
  あまり色が出ないようでしたら一晩寝かせると色が出ます。
  煮すぎると渋味が出るので気をつけて下さい。
  理想は紅茶のような色ですが、薄めの状態でもあっさりしていて飲みやすいです。

  私は面倒なのでティーポットに1枚分の葉をカットして入れ、
  一晩寝かせた薄めのお茶にして飲んでいます。
    
  
<効能>
強壮、疲労回復、食欲増進、下痢止め、利尿作用によるむくみ取り、糖尿病、
夏バテ、食中毒の予防、胃もたれ、便秘、新陳代謝の促進、美肌効果、ダイエット効果。
胃腸が弱い・喘息・慢性気管支炎・アトピー性皮膚炎・腰痛・肩こりなどの改善にも。
ガン予防の効果もあるらしいです。カフェインは含まれていません。

他にも煎じ汁をローションとして使ったりびわの葉をお風呂に入れるなど色々使えます。
葉を患部に直接貼って温めて痛みやこり、冷えを治療することもできるそうです。
意外と万能なのね…。


**********

びわの葉のお茶について後日追記記事を更新しましたのでお読みください。
「びわの葉のお茶 その後」

**********



おまけ。
110406-03.jpg
しぐれの大あくび~。


寧子

いつも応援ありがとうございます。
ランキングに参加中です。
ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:飼い主の日常生活
ジャンル:ペット