スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 びわの葉のお茶、その後。
2011年04月26日 (火) | 編集 |

110426-01.jpg
実家のびわの木です。花が咲き終わり、6月頃には果実が熟します。


110426-02.jpg
持ち帰ったびわの葉を乾燥させ、うさぎ達のオヤツ用と私のお茶にする用とに分けました。
堅い芯の部分は切り分けてうさぎのオヤツに



以前ご紹介したびわの葉のお茶についてあれからもっと調べたところ
気になる情報を目にしたので追記します。

びわの葉に含まれるアミグダリンという成分についてなのですが
一部ではガンに効くと言われていますがその効果については賛否両論で、
成分そのものに毒性はありませんが胃腸で分解されると猛毒の青酸が発生し
中毒を起こしたり最悪の場合は死ぬ危険性があるため
経口摂取の場合は注意が必要なのだそうです。
といっても大量に接種しなければ大丈夫なようですが、ちょっと心配です。

「青い梅を食べると死ぬ」と言う言葉がありますが、
未熟な梅の実を食べるとまだ柔らかい種までかじってしまい
その種に含まれた成分が体内で分解され、
発生した毒素により中毒死する…という話と全く同じ状態です。
まだ熟していない実や葉を外敵に食べられないようにという植物の防衛術なのでしょうね。

熟した梅の実の種・びわの葉ならアミグダリンは分解され、
分解されて発生した毒性も薄れているので心配はないそうです。
葉を採取する際は新しいものより古いものを…と言うのは理にかなっているのですね。

長々と綴ってしまいましたが、要するに
●びわの葉(特に若い葉)を生で口にしない
●効果を過信して過剰摂取しない
●びわの葉を自分で採集する際は若い葉より古い葉を
…のようです。
もし私のブログを参考にしてくださってびわの葉のお茶を実践なさっていらっしゃる方には
効果は過信しないこと、中毒の可能性が起こりうることを念頭に置いて
自己責任でお試しいただければ幸いです。
勉強不足なままご紹介してしまって申し訳ないです。
私自身は味も香りも良く、とても飲みやすいので気に入っています。



110426-03.jpg
乾燥させた葉をゆず達に。
容器のフタを開けると良い香りがするので鼻をひくひくさせて寄って来ます。


110426-04.jpg
うさぎにあげる際もあげすぎ注意!なので、「何事もほどほどに」ですね。


寧子

いつも応援ありがとうございます。
ランキングに参加中です。ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
テーマ:うさぎ
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
そうね、ほどほどに・・・がいいわね♪
taishoは、結構アレルギーあるから、
チット自家製は止めた方がいいかもですねぇ。。
市販品ってのはどんなもんでしょうね?
試しに買ってみようかな~
ま、近場にビワの木が見当たらないから作れないのが現状ですけど。

でも、寧子さんのお味の感想を聞くと飲んでみたくなるワi-236
近いうちに市販品でも仕入れてみますネ♪
2011/04/26(Tue) 22:56 | URL  | taisho #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/26(Tue) 23:14 |   |  #[ 編集]
taisho さんへ
健康食品系はやはり過信せずにほどほどにたしなむ程度が良いのでしょうね。
私は今、1日にティーポット1杯分(450ml)飲むか飲まないかです。
のどが弱くてお茶のエグみや渋味がこたえ、
紅茶も砂糖はなくても牛乳が入っていないと飲めないくらいなので
すんなり飲めるお茶って助かるので…。
市販品のものはびわの葉100%のものや
飲みやすいようにお茶や薬草系とブレンドされているものがあるようです。
びわの木から採集するのは安上がりですが
市販品の方が確実そうですねe-423

効果の程はさておきお茶としても十分楽しめると思うので
機会があったら試してみてくださいe-446
2011/04/27(Wed) 22:10 | URL  | 寧子 #-[ 編集]
鍵コメさんへ
今回は勉強不足でお騒がせしましたe-466
こちらこそこれからもよろしくお願いします!e-446
2011/04/27(Wed) 22:23 | URL  | 寧子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。